月刊グラフィックスマガジン (Weekly Graphics Magazine)
週刊フォトマガジン「フォトマガ」 デジタルカメラ 画像レタッチ スマートフォン デジタルオーディオ 電子ブック写真集 運営企業トライセック ホーム

Grapics MagazineデジタルカメラWeb
デジカメがワカッタ! プロが教えるデジタルカメラのしくみ
デジカメの教科書
デジカメ撮影テクニック

Photoshop&レタッチWeb
Photoshop講座
スマートフォンWeb
スマホがワカッタ! プロが教えスマートフォンのしくみ
スマートフォン講座
電子ブック写真集
ネイチャーズライフ写真集
ネイチャーズライフ 動物写真集
ネイチャーズシー 水中写真集
電子ブック写真集の自主制作
進め!インターネットマン
ITコラム
シリコンバレー・プラグイン
サイトメニュー
メールマガジン登録
サイトマップ(Site Map)
コミュニケーション
編集長 神崎洋治のブログ
Twitter 神崎洋治
Twitter ネイチャーズ写真集
Facebook ネイチャーズ写真集
会社概要
主な業務内容
神崎洋治 プロフィール
新刊ニュース
スマートフォンGPS活用ブック

Photoshop CC特集
Photoshop の歴史とバージョン番号のしくみ
Creative Cloudの注目ポイント~
Creative CloudでPhotoshop CCをダウンロード
Adobe Creative Cloud で CS6 も使いたい
スマートフォン豆知識
第07回: 家族や友達の居場所がわかるアプリ 友達を探す
第06回: ネットでは、悪口は書かない、関わらない
第05回: スマホのバッテリーの減りを防ぐ方法
第04回: スマホ使用にルールは必要?
第03回: スマホを使うための18のルール
第02回: Facebook や ツイッターの嘘や罠
第01回: スマホ依存症になるのはなぜ?
IT ブログ
スマホで撮った写真にコピーライト(撮影者の名前)を入れる方法
スマートフォンのバッテリーの減りを防ぐ方法
アドビがデジタルマーケティングフォーラムでマーケティングツールをお披露目
壇密が99円!! AmazonのKindle版の電子書籍をiPhoneやAndroidで読む
低価格SIMカード、安いSIMフリーでドコモのスマートフォンを月額980円以下で使おう
電子ブック写真集
プロヴァンスの猫たち Vol.2 ~南フランスの街並みとネコの写真集~ を発売
思わず微笑む ペンギンの子供の写真集
癒しのダイビング水中写真集「海のともだち」
伊豆の海でハンマーヘッドシャークが見られる「神子元島」水中写真集
石垣島 マンタが乱舞する海の写真集

カブトムシの捕まえ方
第01回 : カブトムシの捕まえ方
第02回 : カブトムシの取り方 (罠・トラップの作り方 / キャンプ場で捕まえる方法)
第03回 : カブトムシがいるところ (スズメバチに注意)
第04回 : カブトムシとクワガタ採集 暇つぶしの森
カブトムシ・クワガタの捕まえ方

 
第01回 : カブトムシの捕まえ方
─────────────────────────────────────
Text : 神崎洋治 (ITコラムニスト) (2008/09/03)

■カブトムシはどうやって捕るの?

カブトムシの写真
子供たちにとって、大きなカブトムシはやっぱりムシの王様だ

夏が終わっていく。

夏の終わりが寂しいのは僕だけではないと思うけれど、寂しく感じるのは、夏休みが終わるのと関係しているのだろうか。

子供の頃の記憶。

父親でオッサンになった今では

「今年も子供達に夏の楽しい思い出をたくさん作ってあげる手助けができたろうか」

と、夏の終わりになると考えたりする。

ある晩に相模原でとれたカブトムシの写真
うちの近くの雑木林では、まだカブトムシが捕れる。今年も捕れた。ひと晩での収穫

子供時代の夏休みは、やっぱり特別な時間だったのだ。(そんな懐古もあって『20世紀少年』が面白く感じるのだろう)

ムシが苦手な人には、つらい写真かもしれないけれど、右の写真、これはひと晩で、わずか30~40分で捕れた収穫だ。

相模原(神奈川県)も捨てたもんじゃない(意味不明)。
ていうか「原」をとって「相模」にして欲しい(話題が無関係)。

父親としては、4~5匹捕まえたあたりで、林に後から入るほかの人のためにも、「もう捕らずに逃がそうよ」と提案したが、大漁に興奮している子供達は聞く耳もたない…当然ね。

で、先日、情報番組を見ていたら、最近では「カブトムシの捕り方を知らない、林に入ったことがない、川に潜ったことがないお父さんが多い」なんて話をしていた。そうなのかぁ、でも「ぼくのなつやすみ」(ゲーム)で体験してるでしょうし、こういう夏の生活が懐かしいからゲームが売れたんじゃない? それに、林にはカブトムシより捕りに来ている人の数の方が多いぞ、とつっこみ入れたりして。

でも実際、知人に「夜の林に入ったことがないので、うちの息子も連れて行ってやってくれ」と頼まれたことがあるから、まんざら適当な話でもなさそうだ。

では、カブトムシ(かぶとむし)の捕り方としては最もスタンダードで簡単な方法を紹介します。

■昼間下見して夜、雑木林に入る

  1. まずは下見。昼間か夕方、明るいうちに雑木林に入る
  2. 明るいうちに地形や林の中の道を確認、危ないところ(穴やススメバチの巣等)がないかをチェックしておく
  3. 更に樹液が出ている木を探す、樹液には独特のニオイがあるので鼻でも探す
  4. カナブンやコメツキ、スズメバチが群がっている樹液の木をみつけたらチャンス、夜にはカブトムシやクワガタがきっといる
  5. 樹液の位置が高い場合はムシトリアミ(または釣り竿)を用意する
  6. 夜、懐中電灯をもって19時半から20時頃に林に行く
  7. ムシトリアミ(または釣り竿)もあれば持って行く
  8. 樹液が出ている木をチェックする
    その道中でも木の見える範囲を懐中電灯で照らして探す
カブトムシの写真
カブトムシを見ると子供たちは大興奮!!

ただ、これだけで、カブトムシやクワガタがいる雑木林なら獲れる!!
なお、風の強い日はダメです。雨も嫌いです。

時間は19時半から20時半くらいがムシたちは最もに活発に飛び回って樹液を探します。
たくさんカブトムシがいる林に行った場合、この時間帯だとブンブン飛んでいるカブトムシやクワガタにも会えると思います。

■どんな日にカブトムシがたくさんいるか

カブトムシの写真
カブトムシやクワガタはこんな感じで木にくっついている

昼間や夕方にザッと雨が降って、蒸し暑くなった夜は、雑木林にたくさんの樹液が噴き出して、カブトムシたちもジッとしていられない。
写真の日は1本の木に3~4匹群がっていたりした。

カブトムシやクワガタは、ある晩、サナギから一斉に成虫になる。
だから、カブトムシがたっくさんいる夜はカブトムシばっかり捕れる、なんとことも起こる(さっきの写真にはクワガタがいないでしょ)。

ノコギリクワガタが成虫になった夜は、ノコギリクワガタばっかり捕れる。

林のどこにカブトムシがいるかは下見のときに目星を付けておきます。夜探すときは・・こんな感じ?

  • 鼻で探す。耳でも探せる。ムシが行動している日は雑木林が騒がしい。
    (風で騒がしい日はダメ)
  • 真っ暗な林で耳を澄ましてごらん。
    すごくたくさんの音がする。
    それが命の音。

ザワザワ騒がしい夜は、まわりにたくさんいるはず。

■もっともっと手軽にカブトムシをとりたい

では、次に山にキャンプや家族旅行に行ったとき、どうやってカブトムシを探すか。
見知らぬ土地で安易に雑木林に入るのは怖いし危険、そんなときは夜、クルマでムシ捕りに出かけると良い。

  • めざすは灯り。公民館や図書館の水銀灯がベスト。
  • 灯りに飛んで来たムシたちが落ちていることが多い。
  • 自動販売機の密集地帯にも落ちていることがある。
  • 暗い地域に煌々と光る灯りにはムシたちは集まる。

僕がよく行く南伊豆ではカブトムシのほかにミヤマクワガタもとれる。山の中腹にあるパチンコ屋さんなんて最適。19時半頃、パチンコ屋さんの駐車場の水銀灯やお店の灯りの回りを探すと、意外と落ちてジタバタしているよ!!

がんばってね!! (つづく)

> 次「第02回 : カブトムシのとりかた その2 (罠・トラップを作る / キャンプ場でとる)」
< 前 「週刊グラフィックスマガジン TOP」

■Text : 神崎洋治 (ITコラムニスト)

夏だからムシ捕りの話しでもしましょう
コラム:
カブトムシ・クワガタの捕まえ方
第01回 : カブトムシの捕まえ方
第02回 : カブトムシの取り方 (罠・トラップの作り方 / キャンプ場で捕まえる方法)
第03回 : カブトムシがいるところ (スズメバチに注意)
第04回 : カブトムシとクワガタ採集 暇つぶしの森
第05回 : 雑木林でクワガタ5匹 2014年初ムシとり (ノコギリクワガタ画像)
初心者&親と子のためのスマートフォン安心豆知識

第01回 : スマホ依存症になるのはなぜ?
第02回 : Facebook や ツイッターの嘘や罠
第03回 : スマホを使うための18のルール
第04回 : スマホ使用にルールは必要?
第05回 : スマホのバッテリーの減りを防ぐ方法
第06回 : ネットでは、悪口は書かない、関わらない
第07回 : 家族や友達の居場所がわかるアプリ 友達を探す
第08回 : 歩きスマホ"ながら操作"はやめよう、そして"節度ある投稿"を


著者: 洋治 神崎

 
更新情報をお届け
 
メールマガジンに登録してください
デジタルカメラ情報、Photoshop情報、スマートフォン情報は毎週、更新されます。更新や最新ニュースを掲載したときは、メールマガジン(無料)やツイッターでお知らせします。
メルマガ「週刊デジマガ」にメールアドレスをご登録頂くか、ツイッターでのフォローをぜひお願い致します。また、まぐまぐ利用者はまぐまぐ版メルマガ(著者の「進め!インターネットマン」)もあります。

通常メルマガ版 週刊デジマガ
メルマガ登録

メールアドレス

powered byメール配信CGI acmailer

まぐまぐ版 (まぐまぐ会員向け)

メルマガ購読・解除
 

Twitterロゴマーク ツイッターで
編集長(神崎洋治) @internetman をフォロー
 
Contact for Jobs
 
記事の執筆や講演、システム開発等のご依頼は お問い合せフォーム、または下記のメールにて、お気軽にお問い合せください。
メールアドレス
 



line
NATURE's LIFE 電子ブック写真集
やさしい気持ちになりたいときに見るこいぬ写真集
やさしい気持ちになりたいときに見るこいぬ写真集
海のともだち 癒しのダイビングフォト写真集
神子元島 ハンマーヘッドシャーク写真集
コウテイペンギン写真集
line

電子ブック写真集のFacebookページです。癒し写真を定期的に紹介しています。応援よろしくお願いします。
line
神崎洋治の執筆作品
デジカメ時代のレンズフィルター講座
デジタルカメラのしくみ
line
神崎洋治の著書
Photoshop CS6パーフェクトマスター
デジタルカメラのしくみ
新刊書籍 スマートフォンGPS活用ブック