月刊グラフィックスマガジン (Weekly Graphics Magazine)
週刊フォトマガジン「フォトマガ」 デジタルカメラ 画像レタッチ スマートフォン デジタルオーディオ 電子ブック写真集 運営企業トライセック ホーム

Photoshop CC特集
Photoshop の歴史とバージョン番号のしくみ
Creative Cloudの注目ポイント~
Creative CloudでPhotoshop CCをダウンロード
Adobe Creative Cloud で CS6 も使いたい
スマートフォン豆知識
第07回: 家族や友達の居場所がわかるアプリ 友達を探す
第06回: ネットでは、悪口は書かない、関わらない
第05回: スマホのバッテリーの減りを防ぐ方法
第04回: スマホ使用にルールは必要?
第03回: スマホを使うための18のルール
第02回: Facebook や ツイッターの嘘や罠
第01回: スマホ依存症になるのはなぜ?
IT ブログ
スマホで撮った写真にコピーライト(撮影者の名前)を入れる方法
スマートフォンのバッテリーの減りを防ぐ方法
アドビがデジタルマーケティングフォーラムでマーケティングツールをお披露目
壇密が99円!! AmazonのKindle版の電子書籍をiPhoneやAndroidで読む
低価格SIMカード、安いSIMフリーでドコモのスマートフォンを月額980円以下で使おう
電子ブック写真集
プロヴァンスの猫たち Vol.2 ~南フランスの街並みとネコの写真集~ を発売
思わず微笑む ペンギンの子供の写真集
癒しのダイビング水中写真集「海のともだち」
伊豆の海でハンマーヘッドシャークが見られる「神子元島」水中写真集
石垣島 マンタが乱舞する海の写真集

カブトムシの捕まえ方
第01回 : カブトムシの捕まえ方
第02回 : カブトムシの取り方 (罠・トラップの作り方 / キャンプ場で捕まえる方法)
第03回 : カブトムシがいるところ (スズメバチに注意)
第04回 : カブトムシとクワガタ採集 暇つぶしの森
親と子のためのスマートフォン安心豆知識

第2回 : Facebook や ツイッターの嘘や罠
(2013/04/08)
■スマホはなぜ危ない?

スマホはなぜ危ない?

限られたケータイの世界から出て、パソコンのインターネットと同じ、広い世界に出るからです。

しかし、やってはいけないことは何か、を知っていれば多くの危険を避けることが
できます。

スマホも携帯電話の1種です。
それを考えれば、今までケータイに慣れ親しんできた人たちにとっては
「スマホは危ない」
と言われてもピンと来ないでしょう。

私の所感を言えば、ケータイと比較するとスマホは危険な要素を持っています。
しかし、それはパソコンでインターネットをやるときの危険性と似ています。

危ない場所や事例を知っていれば多くの危険から身を守ることができます。
過去の犯罪やトラブル事例を知ることで、多くのトラブルから回避することができます。

■ ウェブサイトには嘘も罠もある

スマホの場合、情報の収集はインターネットのホームページやブログをキーワード検索して行います。

ここで言うホームページやブログはパソコンで使用しているものと原則として同じ、
です。そこには嘘や、広告や、詐欺の罠があるかもしれません。

携帯電話の場合、一般に使われている多くの「ケータイサイト」はドコモやau等といった通信事業者が許可したり審査したものが多く、いわば安全性がある程度確認されたサイトです。一方、パソコンやスマホのホームページには実質上、そのような規制や制限はないので、自分で守らなければならないのです。

そこが大きな違いです。

■ Facebook や ツイッターの嘘や罠

スマートフォンを使い始めるとホームページの閲覧やメールだけでなく、アプリを
インストール(組込)してスマホで使うようになります。

これらについても誰も安全性を保証してはくれません。

有名なところでは Facebook やミクシィなど 「SNS」と呼ばれるコミュニティもアプリをインストールして使います。SNSとは「ソーシャルネットワーキングサイト」の略称で、平たく言えば、ネット上でお互いの近況を公開し、コメントやメッセージを通じて情報を交換しあう場所、インターネット・サイトのことです。

Facebookとミクシィは自分の近況を書き込んでそれを中心に友人達と会話をする、
という意味ではよく似ているシステムです。相手と文字で会話をしたり、情報を交換したり、写真を見せ合ったりして楽しみます。

ツイッターは少し異なります。
基本は「つぶやき」と呼ばれる140文字以内の情報です。今の気分、いる場所、していること、びっくりしたニュースなど、気軽に情報を書き込み、つぶやきます。情報とも呼べないような、ため息や今の気持、叫び声でさえも情報として扱います。

ツイッターはFacebookやミクシィなどのSNSほど「友達」という概念は大きくなく、比較的気軽に相手を登録(フォロー)しあいます。
情報の幅も広く、社会全体で流行っているものをキャッチするのにも有効です。

さて、嘘と罠の話です。

SNSでもツイッターでも、使っていると見ず知らずの人から友達申請があったり、
誘いのメッセージが届いたりもします。

 収入減で悩んでいませんか?
 僕は半年で1千万稼ぎました。
 方法は僕のブログに書きましたので
 ぜひ見てください。

というのはあからさまな勧誘ですが、
中には

 佐藤です。
 先日はありがとうございました。
 飲み会の写真を下記に掲載しました。

という内容に心当たりがあってクリックしてしまったという人が実際にいるから注意です。

この手のものはケータイでもSPAMメールで届くのでお馴染みだと思いますが、Facebook やツイッターなど不慣れなシステムで声をかけられるとつい反応してしまうものです。ましてや、初めてケータイやスマホを持つ子供にとってはどうでしょうか。

これらを真に受けて返信したり、会話を進めると思わぬ被害にあうこともあります。

■ ツイッターのデマ

「嘘」について、よく知られているところでは東日本大震災のときに流れた「救助を求めるデマ」です。

 住所は××です。マンションの一室に
 閉じ込められています。
 倒れてきた本棚の下敷きになっていて
 動けません。だれか助けて。

という内容の書き込みがツイッターに投稿されました。真実であれば人命に関わる一大事です。
そう思ったたくさんの人たちがこの情報を転載(リツイート)して助けを求めました。

しかし、これはデマ(イタズラ)だったのです。
以前よりパソコンでインターネットに親しんだユーザならこの手のデマ情報にダマされることは少ないでしょう。

しかし、インターネットには嘘も罠もあることに慣れていないツイッター初心者ほど、騙されて「デマ情報の拡散」に協力してしまったのです。

正しい情報ならば警察や消防、救急隊に連絡して人命を助ける一助になるでしょう。
しかし、もしデマだったらデマの現場に無駄に救急隊が向かうことで別の命が失われ兼ねません。

もちろん、最も悪いのはもともと面白半分にデマを流した人物ですが、転載して「情報を拡散」することにも、それなりの責任が伴うということを理解しなくてはいけません。

■ 知らないうちに友人に迷惑をかけることも

Facebookやツイッターで話題になった「マイカレンダー」をご存知でしょうか。

「マイカレンダー」は友人の誕生日を登録して管理するアプリなんですが、Facebookでこれをインストールすると、友人たちにさも自分が登録を薦めているかのようなメッセージを自動でバラ巻き、アプリに勧誘します。

すなわち、自分はそんなつもりはなくとも、ただアプリをインストールし、意味不明な対話で「許可」を押しただけなのに、友人達にあなたがそのアプリの登録を薦めている、リクエストしている、とメッセージを送ってしまうのです。

アプリは瞬く間に蔓延するともに、「怪しい」と感じるユーザーも増えて、悪質なアプリとしてSNS上で削除運動が起こりました。
こうしてこの騒ぎは終息へと向かいましたが、本人が知らない間に知人たちをスパムの標的にしてしまうのはある意味ウイルスの行動と変わりませんね。

また、意外と知らないユーザーも多いのですが、Facebookでメーカーのキャンペーンに応募したり「いいね!」ボタンを押すと、「××さんがいいね!と言っています」とそのページが知人たちのページ(ニュースフィード)に表示されます。

これはFacebookの標準仕様なので危険なものとはいえませんが、自分が応募したり、いいね!したキャンペーンを本人が知らずに知人にお勧めしたり、企業PRの一端を担うことを快く思わない人もいると思います。

スマホの世界には、知っておくべきことがいっぱいあります。


■Text : 神崎洋治 (ITコラムニスト)

> 次「第03回 :第03回 : スマホを使うための18のルール」
< 前 「第01回 : スマホ依存症になるのはなぜ?」

初心者&親と子のためのスマートフォン安心豆知識

第01回 : スマホ依存症になるのはなぜ?
第02回 : Facebook や ツイッターの嘘や罠
第03回 : スマホを使うための18のルール
第04回 : スマホ使用にルールは必要?
第05回 : スマホのバッテリーの減りを防ぐ方法
第06回 : ネットでは、悪口は書かない、関わらない
第07回 : 家族や友達の居場所がわかるアプリ 友達を探す
第08回 : 歩きスマホ"ながら操作"はやめよう、そして"節度ある投稿"を



 

 
更新情報をお届け
 
メールマガジンに登録してください
デジタルカメラ情報、Photoshop情報、スマートフォン情報は毎週、更新されます。更新や最新ニュースを掲載したときは、メールマガジン(無料)やツイッターでお知らせします。
メルマガ「週刊デジマガ」にメールアドレスをご登録頂くか、ツイッターでのフォローをぜひお願い致します。また、まぐまぐ利用者はまぐまぐ版メルマガ(著者の「進め!インターネットマン」)もあります。

通常メルマガ版 週刊デジマガ
メルマガ登録

メールアドレス

powered byメール配信CGI acmailer

まぐまぐ版 (まぐまぐ会員向け)

メルマガ購読・解除
 

Twitterロゴマーク ツイッターで
編集長(神崎洋治) @internetman をフォロー
 
Contact for Jobs
 
記事の執筆や講演、システム開発等のご依頼は お問い合せフォーム、または下記のメールにて、お気軽にお問い合せください。
メールアドレス
 



line
NATURE's LIFE 電子ブック写真集
やさしい気持ちになりたいときに見るこいぬ写真集
やさしい気持ちになりたいときに見るこいぬ写真集
海のともだち 癒しのダイビングフォト写真集
神子元島 ハンマーヘッドシャーク写真集
コウテイペンギン写真集
line

電子ブック写真集のFacebookページです。癒し写真を定期的に紹介しています。応援よろしくお願いします。
line
神崎洋治の執筆作品
デジカメ時代のレンズフィルター講座
デジタルカメラのしくみ
line
神崎洋治の著書
Photoshop CS6パーフェクトマスター
デジタルカメラのしくみ
新刊書籍 スマートフォンGPS活用ブック