11月末にハンマーヘッドシャークの群れ
神子元ダイビング・レポート

撮影・著者:神崎洋治

(2014/11/30)

2014年11月30日、日曜日に伊豆の神子元島にダイビングに行ってきました。

この時期ですが、ハンマーヘッドシャーク狙いで、何回かハンマーの群れに遭遇できました(^_^)v

 

シーズンも終盤の11月に入ってから、黒潮が神子元周辺に近付いたためか、海の中は次第に絶好調に。海色は青く、ハンマーヘッドシャークの群れの目撃談が各社ダイビングサービスのログにアップされていました。

翌週から天候が崩れるという情報もあったので、前日の土曜日、まさに11月も最終日に神子元ダイビング行きを決めて、現地ダイビングサービスの海遊社さんに予約を入れました。

前回、破れたウェットスーツを引っ張り出してきて朝から専用ボンドでせっせと修復し、仕舞っていた神子元仕様のダイビング器材を準備。最近の運動不足で、すっかりナマった身体にむち打って、まだ真っ暗の中、5時半の電車に乗り込み伊豆急下田へ向かいました。

 

電車組が弓ヶ浜に到着する時刻には、既にボートの第1便は出航していましたので(この日は4便出航の予定でした)、船着き場でダイビング船を待ちました。やがて帰って来たボートでいつもの神子元突撃メンバーの皆さんに再開し、気分はアゲアゲ。1便目からハンマーの群れが見られ、海色は青いとの談。

 

今シーズンの最後にハンマーがじっくり見たかったので今回は写真に撮るのは重視せず、ジカ目で見ようと思ってエントリー(カメラは一応、持って潜りました(^^;))。

 

海の中はというと1本目がすごかった…

 

水温は19~20度強で透明度は良く、潜行して10分過ぎにハンマーヘッドシャークが根の向こうに現れました。

この季節ですからハンマーヘッドシャークは島の周りではなく、やや沖に出たところを周回しています。

私達は流れに逆らってギラギラ光りながら泳ぐハンマーヘッドシャークの群れと遭遇しました。水深は深く最大で約30m強、着底したり、ダッシュしたりして群れに近付きます。

 

ほぼ同じ高さで見るハンマーは壮観で、大好きです。

編隊が少しばらけてヒラヒラと頭をこちら向けるハンマーが何匹がいてゾクゾクしました。

周りは特攻メンバーなので、みなさんガッツリとハンマーを追います。

ハンマー&ダイバーの構図で写真をパチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときGoProで撮っている知人の映像は、写真の状態でハンマーを追いながら、1テイクで3分以上の長回し撮影…さすがです!!

ハンマーの頭の方向が潮上ですから、ダイバーがどれだけ頑張っているかは想像に難しくないと思います。

 

実はこのとき、この直前にも左側にハンマーの群れが現れていて、右側が写真のこれ。

更に深場にハンマーの群れ、とワサワサと湧き出てくる状態。

どれだけハンマーだらけなんだーっ、と思っていたら当然のごとくエアー激少の状態に…。

深場ではしゃぎすぎました(ToT)。

 

2本目は潮の変わりめでノーハンマー。ちょっと遠くのメジロザメのみ。

透明度もやや落ちて水温は19度切る感じ。…そうなると水の冷たさが身に染みます。

 

3本目はハンマーの群れに遭遇、深かったので着底して岩場をほふく前進しました。陽が隠れたのか海の中は暗く、残念ながらハンマーには寄り切れなかったこともあり、写真もうまく撮れませんでした。しかし、なつっこいヒレナガカンパチのご一行様が遊びに来てくれて和みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにジカ目でたっぷりとハンマーヘッドシャークの群れを見て、群れを眺めることができ、いつものメンバーに囲まれた楽しい一日になりました。

ハンマーの群れのいる場所をばっちり当ててくれたガイドチームの皆さん、ありがとうございました(^_^)v

 

著者 : 神崎洋治 2014.11.30

 

 

✧✧

神子元ダイビングの魅力を写真集で!

[自社広告]

このウェブサイトの写真の多くは「神子元島2014 Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集」の画像を使用しています。

迫力あるハンマーヘッドシャークの大群との遭遇、感動のワラサ・トルネード、圧巻のイサキ・ウォール等、神子元ダイビングの魅力溢れる水中シーンが電子ブック写真集となって絶賛発売中。電子ブック写真集は iPhone や iPad、Android などのスマートフォンやタブレット、アマゾンの Kindle Fire などの端末で楽しむことができます。

神子元島 ダイビング写真集
~ハンマーヘッドシャークが来る海 記録写真集~
神子元ダイビング写真集第一弾。神子元島でのダイビングは、海況の変化や激流などの関係できれいな写真を多く撮影するのは写真家でも困難なため、写真集としてまとめられたことはありませんでした。この作品は、そんな神秘的な海を、現地神子元のダイビングサービスのガイドチームが長期にわたって撮影してきた膨大な記録写真から選別し、一冊の電子ブック写真集としてまとめたものです。約190点の写真とポイントを解説した文章で神子元ダイビングの魅力を堪能。Amazon キンドルストアで発売中。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

神子元島 2014
Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集  
NEW
神子元ダイビング写真集第二弾。主に2013年度に撮影された最新写真、約450点の写真で神子元ダイビングの楽しさをたっぷり堪能。ワイドレンズで撮影した写真が中心なので、神子元島ダイビングの大スケールを肌で感じられる逸品です。また、2013年にサプライズで現れたイルカの群れとの遭遇を捉えた写真も多数掲載しています。
Amazon キンドルストアで新発売。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

ネイチャーズ写真集のFacebookページ

ネイチャーズ写真集はFacebookページで不定期に、自然や動物、水中写真などを配信しています。ぜひ「いいね!」でフォローしてご登録ください。

ホームページのURL

http://www.nature-s.net/

著者:洋治神崎

MIKOMOTO Diving FUN.NET