最も重要なのはシャッター速度(2)
写真画像からシャッター速度を確認する方法

(2013/08/29)

著者:神崎洋治

■"高速シャッター"の写真は困難

前回の記事を読んで・・
「なんだよ、シャッタースピードを速くして撮れば、
 きれいにハンマーヘッドシャークが撮れるのね、
 それ早く言ってよ」

という声が聞こえてきそうですが、実は本題はここから…

シャッタースピードを速くして撮る、ということが水中ではとても難しいのです。
理由は暗い、すなわち、光が少ないからです。

コンパクトデジタルカメラを使っている人の多くはオート(全自動モード:水中モードを含む)で撮影している人が多いと思います。下の写真のデータを見比べると解りますが、地上では1/450で撮ってくれるカメラが、水中では1/40、1/60程度とシャッタースピードの設定が極端に遅くなって撮影されてしまいます。

下の写真1 は、地上で神子元島を撮影した写真(全自動モード)。曇り空でシャッタースピードは1/450秒、F4.5です。ちなみにこの写真、神子元島に大きな貨物船が激突して座礁している珍し~い写真なんです(本題とは全く関係ありませんが(^_^;))

 

 

 

 

 

 

 

 

その神子元島、海中の写真(全自動モード)が写真2。
ウミガメを撮るダイバー。シャッタースピードは1/40秒、F2.8です。カメラは自動的にF値を上げて光を最大限取り込んでいるにもかかわらず、地上に比べて10倍以上も長い時間、露光が必要となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中での撮影は光が少なく、地上でいえば夕方のような、または自宅室内での撮影のようなものです。光が少ないため、カメラは必要な光量を得るためにシャッタースピードを自動的に遅く設定して撮影します。そのため、手ぶれ、被写体ブレが発生しやすくなり、ハンマーヘッドの群れに運良く遭遇しても、ブレた写真を量産してしまう結果になりかねません。

さて、ここで気付いたことがあります。いま紹介したウミガメを撮るダイバーの写真、実はカメラの性能からすると、もっとシャッタースピードを上げて撮ることができるはずなのです。それなのにカメラはシャッタースピードを上げないのは、カメラにとってみれば「シャッタースピードをできるだけ速くして撮る」という命令を受けていないからです。

 

良いカメラ機種とかダメなカメラ機種とか雑誌にはよく載っていますが、神子元の初中級ダイバー向けのカメラ、という実にコアな環境で、良いカメラの条件をいうならば、全自動の設定で撮影したとき、できるだけシャッタースビードを速い設定で撮ってくれるカメラ、といえるかもしれません。

写真3は、電子ブック写真集「神子元島 ~ハンマーヘッドシャークが来る海 記録写真集~」より再び。写真集をご覧になった方の中には、このハンマーが背中に負った大きな傷跡をみて、ちょっとショックを受けた人もいるかもしれませんね。この写真はシャッタースピード1/400、F2.8で撮られた写真、バッチリ鮮明に写っていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■いつもどれくらいのシャッタースピードで撮っていますか?

コンパクトデジタルカメラで撮影している人は、いつも自分がどのくらいのシャッタースピードで撮影しているか解らない、という人も多いと思います。カメラ任せならシャッタースピードなんか知らなくたって地上ではあまり困ることもありません。暗ければ自動的にフラッシュが発光してくれますし。

シャッタースピード(露光時間)は通常、撮ったカメラの液晶画面で確認することができます。既に写真をパソコンにコピーして保存している人はパソコンでも確認することができます。写真1枚1枚に「EXIF」(イグジフ)と呼ばれる撮影情報を記録できる領域が決められていて、撮影日の他にこうした撮影情報も実は記録されています。それを確認すれば良いのです。

Windows 7 での確認のしかた

マイコンピュータやエクスプローラで、撮影情報を確認したい画像ファイルを右クリックします。

ポップアップメニューが表示しますから「プロパティ」を選択します。

プロパティのウィンドウから「詳細」タブをクリックします。

Exif情報が表示されますので、下にスクロールして「カメラ」欄の「露出時間」を確認します(これがシャッタースピード)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Macintosh での確認のしかた

撮影情報を確認したい画像ファイルをダブルクリックして、画像(プレビュー)を表示します。

「ツール」-「インスペクタを表示」を選択します。

「詳細情報」タブをクリックします。

「Exif」をクリックします。

「露出時間」を確認します(これがシャッタースピード)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がどのくらいのシャッタースピードで撮影しているか解らない、という人は試しに確認してみてください。1/40や1/60で撮られていたら失敗写真やぼや~んとした写真が多いはずです。シャッタースピードを確認しながら今まで撮った写真を見ていくと、写真にどのように影響するのか具体的に解ってくるかもしれません。

では、シャッタースピードを速くして撮るためには? カメラや器材選び、その他のテクニックは・・

週刊デジマガ : 水中写真撮影の基本テクニック 特集 第02回 神子元島でハンマーヘッドシャークの写真を撮る (2013/08/29)

 

神子元ダイビング 水中写真撮影テクニック

トップページ

神子元島でハンマーヘッドシャークを撮る

 ハンマーヘッドシャーク 奇跡の大行進

 失敗写真から学ぶ、最適な撮影設定

 シャッター速度と絞り、ISO感度の関係

コンパクトデジタルカメラで撮る水中写真テクニック講座(2012年版)

最も重要なのはシャッター速度

 手ぶれと被写体ぶれを防ぐ高速シャッター

 写真画像からシャッター速度を確認する方法

 

写真1

写真2

写真3

 

✧✧

神子元ダイビングの魅力を写真集で!

[自社広告]

このウェブサイトの写真の多くは「神子元島2014 Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集」の画像を使用しています。

迫力あるハンマーヘッドシャークの大群との遭遇、感動のワラサ・トルネード、圧巻のイサキ・ウォール等、神子元ダイビングの魅力溢れる水中シーンが電子ブック写真集となって絶賛発売中。電子ブック写真集は iPhone や iPad、Android などのスマートフォンやタブレット、アマゾンの Kindle Fire などの端末で楽しむことができます。

神子元島 ダイビング写真集
~ハンマーヘッドシャークが来る海 記録写真集~
神子元ダイビング写真集第一弾。神子元島でのダイビングは、海況の変化や激流などの関係できれいな写真を多く撮影するのは写真家でも困難なため、写真集としてまとめられたことはありませんでした。この作品は、そんな神秘的な海を、現地神子元のダイビングサービスのガイドチームが長期にわたって撮影してきた膨大な記録写真から選別し、一冊の電子ブック写真集としてまとめたものです。約190点の写真とポイントを解説した文章で神子元ダイビングの魅力を堪能。Amazon キンドルストアで発売中。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

神子元島 2014
Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集  
NEW
神子元ダイビング写真集第二弾。主に2013年度に撮影された最新写真、約450点の写真で神子元ダイビングの楽しさをたっぷり堪能。ワイドレンズで撮影した写真が中心なので、神子元島ダイビングの大スケールを肌で感じられる逸品です。また、2013年にサプライズで現れたイルカの群れとの遭遇を捉えた写真も多数掲載しています。
Amazon キンドルストアで新発売。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

ネイチャーズ写真集のFacebookページ

ネイチャーズ写真集はFacebookページで不定期に、自然や動物、水中写真などを配信しています。ぜひ「いいね!」でフォローしてご登録ください。

ホームページのURL

http://www.nature-s.net/