神子元島でハンマーヘッドシャークを撮る
ハンマーヘッドシャーク 奇跡の大行進

撮影・著者:神崎洋治

(2010/07/14)

■神子元島でシュモクザメの群れに遭う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中の多くのダイバー達が憧れるハンマーヘッドシャーク。

 

このサメの生態ははっきりと解明されてはいないのですが、異様な金槌頭は電気ソナーの役割を果たし、進化の証とされています。また、サカナやイカなどを好んで食べ、人を襲うことはあまりない、と言われています。

 

そして、このハンマーヘッドシャークはなぜか群れる…

同じ方向を向いて行進します。

 

日本では、スキューバ・ダイビングでこのハンマーヘッドの群れが見られることで知られているのは、与那国島(よなぐにじま)と伊豆の神子元島(みこもとじま)の2箇所。

 

伊豆の神子元島には主に6月~10月にかけてやってきます。

そして、毎年たったの1~2週間、中でも特別な時、まさに奇跡の時が訪れます。

 

神子元島の周辺にできた大きな釜のような地形、通称Aポイントに、無数の、多いときは100尾オーバーのサメが集まるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光り輝き近づく姿態」

大きなボディを左右に揺らし、流れに逆らって悠然と泳ぐ絶対王者の姿、その巨体が太陽の光を反射してキラキラ輝きながら近づいてくる光景を見たら、その迫力に息をのみます。

Camera Data:

SONY コンパクトデジタルカメラ Cyber-shot DSC-W300、

純正水中ハウジング「マリンパック」、INON ワイドコンバージョンUWL-100

F2.8 1/160秒 ISO100 ストロボなし

補正:Adobe Photoshop CS4

撮影地:伊豆 神子元島 カメ根 2010.07.14撮影

 

ここにサメたちが集まるのは水温の関係ではないか、と言われていますが、はっきりしたことは解りません。とにかくここを目指してハンマーヘッドの大群が行進してきて、少しの間とどまり、また出て行き…を繰り返すのです。

 

私は、毎年このときが来るのを待っています。

毎年、ハンマーヘッド達はやって来るものの、その日がいつなのか、誰にも解りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「神子元スペクタクル」

彼らは私たちダイバーの存在を全く意に介さず、その巨大なヒレが触るくらいの距離でかすめて行きます。群れの数は多いときは100尾を超えますので、ワイコンを使うべきか、標準を使うべきか悩みます。

Camera Data:

SONY コンパクトデジタルカメラ Cyber-shot DSC-W300、

純正水中ハウジング「マリンパック」、INON ワイドコンバージョンUWL-100

F2.8 1/250秒 露出制御/マニュアル ISO200 ストロボなし

補正:Adobe Photoshop CS4

撮影地:伊豆 神子元島 カメ根 2010.07.14撮影

 

これほどのサメ達がやってきても、海の条件が良くないと、見ることもできませんし、写真に収めることも困難です。

 

 

■驚愕の光景が目の前に拡がるとき

 

例えば昨年、2009年は、透明度5m程度、恐ろしく濁った海況の中で、この大行進が行われました。

そのため、その場に居合わせることはできましたが、きれいな写真に収めることはできませんでした。

 

そして今年、7月14日。

ハンマーヘッドが大行進するときがやってきました。海況も良く快晴、透明度もよく、奇跡の海に遭遇することができました。

 

ハンマーヘッドの大群が行進していく様を、触れるほどの近距離で見ることができる海、写真に収めることができる海は、この場所のこの時期をおいて他には、そうそうないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「蒼の艦隊」

潮の流れが速い急流を好むハンマーヘッド、撮影もまた急流のまっただ中。身体を固定させてブレずにシャッターを切るだけでも難儀です。コンパクトデジタルカメラはダイナミックレンジが狭いため、露出が上下で極端に異なる海中のワイドではすぐに白飛び、黒潰れする恐れがあります。

Camera Data:

SONY コンパクトデジタルカメラ Cyber-shot DSC-W300、

純正水中ハウジング「マリンパック」、INON ワイドコンバージョンUWL-100

F2.8 1/160秒 ISO100 ストロボなし

補正:Adobe Photoshop CS4

撮影地:伊豆 神子元島 カメ根 2010.07.14撮影

 

今回の写真は、コンパクトデジタルカメラで撮りましたが、Cyber-shot DSC-W300は既に生産終了している旧モデル、良いところも悪いところもあります。特に海の中ではとんでもないジャジャ馬で、失敗写真も多いですが、成功すると良い写真が撮れます。今回の撮影には自分なりに多少の工夫をし、マニュアル操作で撮影しています。苦肉の策です。

また、Photoshop による補正も行って仕上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「踊るハンマーヘッドシャーク」

目指す大釜に着くと、サメたちは隊列を崩して、思い思いの動きをします。このときは大きなボス(?)を中心に、じゃれるように周りを旋回しはじめました。大艦隊にも主従や規律があるのでしょうか。

Camera Data:

SONY コンパクトデジタルカメラ Cyber-shot DSC-W300、

純正水中ハウジング「マリンパック」、INON ワイドコンバージョンUWL-100

F2.8 1/250秒 露出制御/マニュアル ISO200 ストロボなし

補正:Adobe Photoshop CS4

撮影地:伊豆 神子元島 カメ根 2010.07.14撮影

 

 

なによりも天候と海の状態が良かったことが撮影環境を後押ししてくれたことは間違いありません。

 

更に、案内してくれました「神子元ダイビングサービス」のガイドさんの絶妙の予測とコース取りによって、大行進を間近で、また群れとの遭遇を何度も体感することができました。

 

これら多くの要素が重なって、コンパクトデジタルカメラながら、記念に残る写真がいくつも撮れたと思っています。いろんなことに感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「進化型飛行物体」

群れが行進するさまは圧巻ですが、単体でも魅力的な被写体です。神子元島では、初夏は根の周囲でサメが見られるため、根を入れた構図で撮影ができます。真夏から秋にかけてはサメの回遊が中層に移動するため、根を入れたりバックを工夫しての構図はしにくくなります。

Camera Data:

SONY コンパクトデジタルカメラ Cyber-shot DSC-W300、

純正水中ハウジング「マリンパック」、INON ワイドコンバージョンUWL-100

F2.8 1/250秒 露出制御/マニュアル ISO200 ストロボなし

補正:Adobe Photoshop CS4

撮影地:伊豆 神子元島 カメ根 2010.07.14撮影

 

次回は、これらの写真に至るまでの撮影についての苦戦と苦悩を、お恥ずかしながらお話しします。

そうそう、神子元ダイビングでサメに遭遇したリアルレポート形式でお届けします。

もしかすると撮影ノウハウの参考にもなるかもしれません。

 

> 次ページ 失敗写真から学ぶ、最適な撮影設定

 

神子元ダイビング 水中写真撮影テクニック

トップページ

神子元島でハンマーヘッドシャークを撮る

 ハンマーヘッドシャーク 奇跡の大行進

 失敗写真から学ぶ、最適な撮影設定

 シャッター速度と絞り、ISO感度の関係

コンパクトデジタルカメラで撮る水中写真テクニック講座(2012年版)

最も重要なのはシャッター速度

 手ぶれと被写体ぶれを防ぐ高速シャッター

 写真画像からシャッター速度を確認する方法

 

[自社広告]

✧✧

神子元ダイビングの魅力を写真集で!

このウェブサイトの写真の多くは「神子元島2014 Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集」の画像を使用しています。

迫力あるハンマーヘッドシャークの大群との遭遇、感動のワラサ・トルネード、圧巻のイサキ・ウォール等、神子元ダイビングの魅力溢れる水中シーンが電子ブック写真集となって絶賛発売中。電子ブック写真集は iPhone や iPad、Android などのスマートフォンやタブレット、アマゾンの Kindle Fire などの端末で楽しむことができます。

神子元島 ダイビング写真集
~ハンマーヘッドシャークが来る海 記録写真集~
神子元ダイビング写真集第一弾。神子元島でのダイビングは、海況の変化や激流などの関係できれいな写真を多く撮影するのは写真家でも困難なため、写真集としてまとめられたことはありませんでした。この作品は、そんな神秘的な海を、現地神子元のダイビングサービスのガイドチームが長期にわたって撮影してきた膨大な記録写真から選別し、一冊の電子ブック写真集としてまとめたものです。約190点の写真とポイントを解説した文章で神子元ダイビングの魅力を堪能。Amazon キンドルストアで発売中。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

神子元島 2014
Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集  
NEW
神子元ダイビング写真集第二弾。主に2013年度に撮影された最新写真、約450点の写真で神子元ダイビングの楽しさをたっぷり堪能。ワイドレンズで撮影した写真が中心なので、神子元島ダイビングの大スケールを肌で感じられる逸品です。また、2013年にサプライズで現れたイルカの群れとの遭遇を捉えた写真も多数掲載しています。
Amazon キンドルストアで新発売。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

ネイチャーズ写真集のFacebookページ

ネイチャーズ写真集はFacebookページで不定期に、自然や動物、水中写真などを配信しています。ぜひ「いいね!」でフォローしてご登録ください。

ホームページのURL

http://www.nature-s.net/

著者:洋治神崎

MIKOMOTO Diving FUN.NET