神子元島でハンマーヘッドシャークを撮る
失敗写真から学ぶ、最適な撮影設定

撮影・著者:神崎洋治

(2010/07/28)

■いつも失敗写真が教えてくれる

 

神子元島は伊豆急下田近くの弓ヶ浜や小稲湾から船で約20分の外洋に浮かぶ無人島。

 

南伊豆のすぐ先にハンマーヘッドシャークやメジロザメ、マンタ、カンパチ、ヒラマサ、ワラサ等、大物回遊魚たちがやって来るポイントがあります。

ハンマーヘッドシャークのシーズンは夏本番、ダイビングシーズン真っ盛りへと突入です。

そして、今年(2010年)の神子元はまさに大当たりの年。ハンマーヘッドシャークの大群がこれほど、連日目撃され続けていることかつてなかったのではないでしょうか。

ハンマーヘッドシャークの大群に遭遇する機会が多いということは写真を撮るチャンスも多いということ、写真好きにも最高の年になっています。

 

実際、一般のダイバーが撮影したカッコ良いハンマーヘッドの写真や動画がSNSやWEBアルバム、YouTUBEにたっくさん投稿され、連日賑わっています。

ところが、このハンマーヘッドシャーク、普段では、きれいに撮るのはなかなか難しいのです。

なにせ、ハンマーヘッドとの遭遇はほんの数秒…なんてこともしぱしば。カメラを構えてシャッターを押すのが精一杯の短時間です。その短時間でカメラの設定を工夫したりするのはとても至難のわざ…

 

更に、カメラを構えたときの姿勢は海水の中を泳いでいたり、急流に喘いでいたり、とブレる要素が満点。だからたぶん、プロカメラマンが撮影に臨むときも、事前にカメラ設定は綿密に行っておき、サメと遭遇した瞬間に勘と運を含めて、瞬時の判断で設定を切り替えたりして撮っていることでしょう。たくさんの要素がバッチリ合わないとカッコ良い写真はなかなか撮れないのではないでしょうか。

このような状況下なので、一般のダイバーがコンパクトデジカメで挑む場合は、まずはシャッターを押すだけが精一杯。そもそもコンデジではカメラ設定で工夫できることはそうは多くありませんので、どうしてうまく撮れないんだろう、と悩むモノの打開策がなかなかないのが実状です。

 

とはいえ、一眼レフだろうが、ミラーレス一眼だろうが、コンパクトデジカメだろうが、写真の理屈は同じ。どうにかカッコ良い写真は撮れないものでしょうか!?

現在のコンパクトデジカメは自動露出の技術がかなり進んでいますので、よっぽどのことがない限り、真っ白、とか真っ黒の失敗写真にはならず、それなりには撮れます。すなわち、それなりを良しとすれば、それで十分なのですが、やっぱり改心の作を撮って、プリントして写真立てに入れて机に飾りたいですよね。そう思ったら、もう一歩考えなければいけません。

ハンマーヘッドがガンガン回って来る今なら、コンパクトデジカメであれこれと工夫して撮れるかもしれないぞ、というわけで…

 

■高速なシャッタースピードで撮りたい(失敗写真からの反省)

 

水中写真の鉄則は被写体に近付くことです。とはいえ、相手はサメ、しかも流れもあるので、安全面を考えればガイドさんを無視して勝手に泳ぎ回って撮るというわけにはいきません。できる範囲で近寄ることがまず大切です。

 

それは置いておいて、私の場合、失敗写真を見ると多くの場合、多かれ少なかれブレています。遠くに拡がる群れを撮った場合も、近くの単体を撮ってもブレています。ブレる要素は2つです。ひとつはカメラを持った手がブレること、もうひとつは被写体が動いていることでブレることです。

 

今では、多くのカメラには手ぶれ補正機能が付いていて、陸上ではかなり役に立っているはずです。しかし、この機能は人間が陸上でカメラを構えたときにガクガク揺れる独特の周波数を関知してそのブレを補正する機能です。水中でカメラを持つ手のブレとは根本的に異なるため、水中で回遊魚を捕らえるときには、あまり役に立たないと考えるべきでしょう。

 

手ぶれを抑えるには速いシャッタースピードが必要です。実際、手ぶれ補整機能では被写体のブレは抑えられませんが、高速なシャッタースピードで撮れば、動いている被写体もピタリと止まり、細部までハッキリと描写した写真が撮れる「はず」です。

 

一眼カメラではシャッタースピードをユーザが自由に設定できるのが当たり前ですが、コンデジはカメラの理屈に詳しくないユーザを対象としている場合が多いため、いろいろなオートモード(シーン選択モード)が搭載されていても、マニュアル操作でシャッタースビードが選べない機種が多いのが現実です。

 

コンデジの場合、シーン選択モードのうち、シャッタースピードが速めに設定されるモードを選んで試してみる方法があります。シーン選択モードで、比較的速いシャッタースピードがセットされるのは「スポーツモード」です。動く選手をぴたり止めるために、カメラはシャッタースピードを速く設定して撮ろうとするからです。ただし、スポーツモードはメーカーによって動作が異なるので、海中の回遊魚の撮影にも向いているかは機種によって異なるでしょう。スポーツモードではある程度の暗さになると、自動でフラッシュ(ストロボ)を発光する機種もあります。また、暗めの写真になったり、そのモードではシャッターが降りない(失敗写真防止機能)、という事態になるかもしれない、というリスクはありますので、ここではアイディアとして提案するだけにとどめたいと思います。

 

水中写真に熱心なオリンパスの場合、コンパクトデジカメの一部に水中モードの設定を複数設けている機種もあります。イルカなど、速い動きのサカナや動物を撮影するのに最適な、つまり速めのシャッタースピードで撮れる水中ワイドモード2が用意されているようです。その場合、それに設定することで速いシャッタースピードでイルカはもちろんサメもバッチリ止まった、ブレのない写真が撮れるかもしれません(光量が十分に確保できない場合、暗い写真になってしまうのではないのかなぁ、ISO感度も自動で上げてくれるのかなぁ…著者は使っていないので確実なところはわかりません、すみません)。

 

> 次ページ シャッター速度と絞り、ISO感度の関係

 

神子元ダイビング 水中写真撮影テクニック

トップページ

神子元島でハンマーヘッドシャークを撮る

 ハンマーヘッドシャーク 奇跡の大行進

 失敗写真から学ぶ、最適な撮影設定

 シャッター速度と絞り、ISO感度の関係

コンパクトデジタルカメラで撮る水中写真テクニック講座(2012年版)

最も重要なのはシャッター速度

 手ぶれと被写体ぶれを防ぐ高速シャッター

 写真画像からシャッター速度を確認する方法

成功写真の例

神子元島のカメ根を回遊するハンマーヘッドシャークの群れ。ブレのない、ピタリと止まった写真なら、筋肉の躍動も伝わってきそうです。

頭上を泳ぐハンマーヘッドシャーク。まずは可能な範囲で近付いて撮影(ガイドの指示には従うこと)。手ぶれに注意、ブレるとシルエットもキレイに写りません。

よくある失敗写真

失敗写真の例。露出を自動でやってくれるコンパクトデジカメでは、それなりに撮れるものの、失敗写真の多くがピンボケか手ぶれ。

ブレをなくす方法を考えたいところ。この写真もブレがなければもっと鮮明でカッコ良い写真に…

これも手ぶれの失敗写真。ブレの多くは、遅いシャッタースピードで撮影したことで起こっていました。

これも失敗写真。シャッタースピードが1/80では動いている生物やサカナを鮮明に撮るのは困難です。実際、このときの海中は暗めなのですが、カメラは性能上もっとシャッタースピードを上げられるにもかかわらず、水中モードではなぜか遅めのシャッタースピードを選択してブレてしまい、更に暗く、濁った印象の写真になってしまいました。

[自社広告]

✧✧

神子元ダイビングの魅力を写真集で!

このウェブサイトの写真の多くは「神子元島2014 Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集」の画像を使用しています。

迫力あるハンマーヘッドシャークの大群との遭遇、感動のワラサ・トルネード、圧巻のイサキ・ウォール等、神子元ダイビングの魅力溢れる水中シーンが電子ブック写真集となって絶賛発売中。電子ブック写真集は iPhone や iPad、Android などのスマートフォンやタブレット、アマゾンの Kindle Fire などの端末で楽しむことができます。

神子元島 ダイビング写真集
~ハンマーヘッドシャークが来る海 記録写真集~
神子元ダイビング写真集第一弾。神子元島でのダイビングは、海況の変化や激流などの関係できれいな写真を多く撮影するのは写真家でも困難なため、写真集としてまとめられたことはありませんでした。この作品は、そんな神秘的な海を、現地神子元のダイビングサービスのガイドチームが長期にわたって撮影してきた膨大な記録写真から選別し、一冊の電子ブック写真集としてまとめたものです。約190点の写真とポイントを解説した文章で神子元ダイビングの魅力を堪能。Amazon キンドルストアで発売中。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

神子元島 2014
Wide and Blue ハンマーヘッドシャーク写真集  
NEW
神子元ダイビング写真集第二弾。主に2013年度に撮影された最新写真、約450点の写真で神子元ダイビングの楽しさをたっぷり堪能。ワイドレンズで撮影した写真が中心なので、神子元島ダイビングの大スケールを肌で感じられる逸品です。また、2013年にサプライズで現れたイルカの群れとの遭遇を捉えた写真も多数掲載しています。
Amazon キンドルストアで新発売。980円。
> Amazon の商品ページを見る
> 出版社のホームページで詳しい情報を見る

ネイチャーズ写真集のFacebookページ

ネイチャーズ写真集はFacebookページで不定期に、自然や動物、水中写真などを配信しています。ぜひ「いいね!」でフォローしてご登録ください。

ホームページのURL

http://www.nature-s.net/

著者:洋治神崎

MIKOMOTO Diving FUN.NET